新米エンジニア  永沢の雑記

春からSierで働く新米エンジニアの永沢が自由に情報を発信するブログ

【東京喰種:re 2期】13話 原作との違い 感想まとめ(ネタバレあり)

みなさんこんばんわ!

とうとうこの時が来たぜぇ...

そう...昨日から東京喰種:re 2期がreスタートしました!!!

東京喰種:reアニメ公式twitterより

僕自身、東京喰種:reは大好きな作品です。

東京喰種:re1期

そして..

原作も終わってしまったこの夏は生きがいを失っていました..

そこでここに来てre2期の放送スタートさらに

実写映画第二弾の製作決定は、まさに

「トレッッッッヴィアンッッッッッ!」

なワケですよ(元ネタがわからない方うるさくてすみません)

東京喰種2公式Twitterより

しかも月島習役には松田翔太さん....

宮野さんがそのまま月島さんをやるのもありだと思いましたが

その場合は上映中、笑いが止まらなそうですよね笑

と、原作が終わってもこれから先楽しみな東京喰種です!

 

当ブログでも感想やあらすじなどこれから毎週投稿して行くので

ぜひ喰種ファンの方と一緒の楽しんでいければと思います!

 

 前回のあらすじ

東京喰種:re12話 「夜明け Beautiful Dream」

ノロを相手に次々と仲間が倒されてゆく中、踏みとどまって戦う不知。その姿を目にし、必死で立ち上がる瓜江。ふたりの渾身の攻撃がノロを捉える。
一方、月山の窮地に駆けつけ、怒涛の攻撃を仕掛けるカナエだったが、“カネキ”の記憶を取り戻し始めた琲世の反撃に瀕死の重傷を負う。そこに“隻眼の梟(せきがんのフクロウ)”と呼ばれる半喰種、エトが現れ悪意を振りまく。最後の力を振り絞るカナエだが……。そして、琲世がついに、“カネキ”として完全に覚醒し――。  

東京喰種:re公式サイトより

https://www.marv.jp/special/tokyoghoul/story12.html

前回の12話までは主に主人公の佐々木琲世とクインクスに焦点を当てられて物語が勧められて来ました。

ですが

クインクスのうちの一人の不知吟士が

アオギリの樹のSSレート喰種「ノロ」との戦闘によって殉職。

そして佐々木琲世の記憶を失っていた人格のカネキケンが覚醒し

エトしゃんとカナエをフルボッコにして終わるという怒涛の展開で終わりました。

流石にアニメの東京喰種は展開がだいぶ早いですよね...

もう少しゆっくりやってくれてもいいのに...

 

ここからネタバレ含む13話の感想を書いて行くので注意

 13話 ネタバレ含む感想

re13話冒頭では竜カネキをバックにメインキャラクターが眺めている状態からスタートしました。

いやーやっぱりティザー映像で出てたように竜カネキのとこまでいくんやなぁ...

これ初めて見る人、意味わからないだろうなと思いつつ見ていたら

急な流島作戦の決行w

えええ!?ちょ展開早すぎない!?

  • 瓜江と才子そして新クインクスの登場
  • 死堪、滝ジャワと鉢川と穂木ちゃんの戦闘シーン(穂木ちゃん可愛いよねw)
  • トルソーに首を絞められているムッちゃん(六月)
  • ナキ、ミザと宇井ホープの戦闘シーン
  • ジューゾーとクロナの戦闘シーン
  • それらを眺めている亜門さん
  • エトとタタラさんの別れ

これらがなんと冒頭から2分23秒で全てまとめられていましたw

ええ....幾ら何でも駆け足すぎない...?

今回もだいぶ省かれましたね...そこからオープニングに入ります。

神すぎる主題歌

東京喰種1期で主題歌を担当した「TK from 凛として時雨」さんが

「katharsis」をre第2期のオープニングとして担当しました。

www.youtube.com

オープニングでは金木陣営のキャラそして

頭髪不安定の異名を持つw金木の今までの変化の姿も登場します!

竜覚醒前の脳内会議楽しみだなぁw

ぜひ聞いて見てくださいね!

 

高槻泉の記者会見

塩野さんを脅す黒カネキから(目は死んでる)

そして高槻泉の記者会見スタート

ここで気になったのがアヤトきゅんが記者会見の場にいるんですよね。

アニオリも挟んで来ました。

そしてエトしゃんの「私は喰種です」の告白。

そこからエトしゃんが作家になるまでの回想がスタートします。

塩野さんのポンコツぶりはアニメでもちゃんと表現されてましたw

作家になり「あんていく」の店の前を訪ねるエトさん。(切ない...泣)

そして塩野さんがエトさん家の冷蔵庫を目撃してしまい...回想は終わりました。

個人的にエトしゃんの「顔色わるいぞなもし」が聞けたので満足w

そして黒カネキが記者会見場に駆けつけアヤトくんと会話(これまたアニオリ)

そこから金木に連行されるエトさん。

 

芥子さん登場

とうとうアニメでも芥子さんが登場しました!

ですが「ニチャ」はしてませんでしたw

有馬さんにを仕留めてリゼを捕まえろと命令を下す芥子さん。

 

Vについて話す黒カネキとエトさん

和修がVであることを明かすエトさん

なんでRCゲートが反応しないかについてなど。

原作ではトーカちゃんと金木がCCGの支部に行った時に

真戸さんによって金木はゲートを無理やり通過させられたんですよね。

アニメでは省かれたのでどうするのか気になっていたんですが

今回うまくまとめられていました。

 

鯱さんの登場

鯱こと神代叉栄とVから逃げ出したリゼさんの出会いの回想に入ります。

(ショタリゼさん可愛い....)

時間が経ち「鯱は私のお父さん」というリゼさん。

なんと着物を着てるんですよね!!これまたアニオリです!

回想が終わり.....

有馬貴将との戦闘が始まります。

有馬さんと顔は見えないですが零番隊もいます。

うーーーんやっぱ戦闘シーンの作画は微妙だなと見ていたら

「.....丈」とつぶやく有馬さん。

そこで平子さんが鯱に一太刀浴びせました。

平子さんもいるんかい!!!!ここもアニオリ展開です!

その一撃から畳み掛け有馬さんにとどめを刺されてしまいます。

最後まで子供(リゼ)のことを思っていて切ないです...。

 

万丈さん登場

多分アニメのみの方は忘れてる人が多いと思います...

高槻泉の本について話している万丈さんたち。

そこにアヤトがきてヒナミちゃんの協力を頼みます。

 

旧多とエトの会話シーン

原作の旧多が宗太としてピエロの一員である設定は反映されてないようです。

なので鉄骨を落としたことや嘉納の協力者であることの部分もカットされていました。

ですが東京喰種1期ではPGとして月山さんのレストランにいるんですよね!!

そのため今回どうしてくるのかと楽しみにしていたんですが残念です....。

さらにここで塩野パテも登場します!!

これには余裕の雰囲気のエトしゃんも黙ります。

そこで反撃の「おい 和修」発言が出ます。

からの旧多の

「○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね○ね」は必見ですw

 

遅くなってごめん....ここから出よう

そして原作通りコクリアヘ侵入しようとするアヤトと万丈たち。

その陰に見覚えのあるうさぎマスクも登場しますw

トーカちゃんと四方さんもここで仮面姿で登場します。

そしてついに黒カネキとヒナミちゃんの再会....

「お兄ちゃん...?」とヒナミちゃん。

(ヒナミちゃんがヒロインすぎる。)

ずっと死んでいた黒カネキの目もここで元どおりになり

13話はここで終了です。

 

今回の放送された話は原作のre6巻と7巻からです。

省かれてしまったところもあるため

ぜひチェックしてください。

 

 

まとめ

いやー今回の放送見た通りやっぱり1クールで終わりそうな予感ですね...

reの1期が原作の6巻の途中までを納めて全12話でしたが

今回最後まで詰め込むとなると

6巻の途中から16巻まで詰め込まないといけません。

流石に無理があるだろうと2クールを期待していたんですけどね...

こればかりはしょうがないですけど残念です。

ですがアニメはアニメで気にならない程度のアニオリ展開もあり

毎週楽しみなのは変わりありません。

そして全人類の男子が気になるであろう

金木とトーカちゃんの初夜はアニメではどう表現されるのか....!?

アニメも目が離せないぜ...(結局そこか)

14話の感想はこちらからどうぞ!

www.nagasawaonion.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

面白かった方はブックマークやシェアしていただけると

励みになりますのでよろしくお願いします。

過去記事もどうぞ!

www.nagasawaonion.com

 

www.nagasawaonion.com

 

人気ブログランキングへ