大学生 永沢くんの雑記

大学最後の年になった玉ねぎ野郎が世の中の疑問や自分の経験、気になることを語るブログ

ニューヨーク旅行 治安 ニューヨークで当たり屋に遭遇した話

 

こんにちわスタバでこの記事を書いてます、永沢です。

 

ニューヨーク一人旅

実は私、9月に一人旅でニューヨークへ行きました。

この度はその一人旅で巻き込まれたメガネ詐欺について書いていこうと思います。

 

夜の21時ごろ私はグランドセントラル駅にいました。

ランドセントラル駅とは

毎日通勤などで12万人の人が利用するニューヨーク最大の駅です!

日本でいう東京駅のようなものですね!

f:id:to-ghost:20180922174337j:plain

 

f:id:to-ghost:20180922174402j:plain

 

数多くの映画などにも取り上げられおり

当日も私はこのようなムードのある場所で運命の出会いがあればなぁと

妄想を膨らませていました。

 

 

運命の出会い?

 

名残惜しさをよそにグランドセントラルを後にし

2分ほど歩いていると、すれ違いざまに通行人の手が私にかすりました。

おお!!これは運命の出会いの予感!!!

と期待を膨らましたもののその手は黒人男性の右手。

 

ここからが悪夢の始まりです 。

なんと手が触れた反動で黒人男性は持っていた眼鏡を落としました。

そこからその黒人男性は眼鏡を指差して「メガネが壊れた、修理代をよこせと」と言ってきたのです。

私はとっさに黒人に謝ってしまいました。

謝ったもののよくよく冷静に考えれば

なんで手がかすっただけで眼鏡を落としたのか?

あれ今私カモられている?

と。

実際に本当に手をかすめただけです。

よくある恋人と隣を歩いていて手をつなごうか迷っているときに

互いの手の甲が触れ少しドキッとするようなくらいのソフトタッチでした笑

 

私は絶対に!!!!!!!

修理費など出したくなかったので

「I know you did it on purpose.  Appearently your glassese were broken before we met.」

と言い返してやろうかと思いましたが

私はかなりの小心者、、、

さらにここは銃の保持を許されているアメリカ。

NYのグランドセントラルの前の駅で発砲事件などなかなか無いのでしょうが

最悪の事態を想定し

とりあえず私はその黒人に強く謝ってその場を後にしました。

 

しかしそれでも後ろ5メートルから

「Hey you!! 」

と私をつけてきました。

内心、かなりビビりながらも

振り返っちゃいけいない、振り返っちゃいけないと思い

道の曲がり側に思い切って走って逃げました!!!!

 

その後は追ってくることはありませんでしたが

さすがはニューヨーク。なかなか怖い経験になりました。

 

実際に私はNYに行く前に友人の眼鏡詐欺とは別の詐欺にあった話を聞き

それなりに気構えていましたが

ランドセントラルのような有名な観光スポットの前でも

このようなトラブルに遭遇してしまいました。

調べてみるとよくある手口のようです。

 

 これからニューヨークへ行く人へ

一通りの多いところでは他の通行者の動きに十分注意すること。

 

そしてもし当たり屋に遭遇した方は

はじめに

絶対に!!!

謝ってはいけません!!!!

謝ることで向こうに主導権を握らせてしまうと難しいです。

もし遭遇した方は無視あるいは近くの人に助けを求めてください。

 

 おわりに

最後まで読んでくださりありがとうございます。

今回は夏休みに遭遇した当たり屋について書いてみました。ほかにもニューヨークで回った場所など投稿しようと思っています。これからも2日に1本は

投稿していこうと考えているのでお読みただければ幸いです

 

www.nagasawaonion.com

 


 

過去記事もどうぞ!

 

 

 

人気ブログランキングへ