新米エンジニア  永沢の雑記

春からSierで働く新米エンジニアの永沢が自由に情報を発信するブログ

【アニメ あひるの空】第2話 感想 原作との違い

こんにちわ!永沢@toghost7blog)です。

 

本日はあひるの空 第2話の放送日です!

今週も感想や現先との違いをまとめていきます!

前回の感想はこちらをどうぞ!

 

www.nagasawaonion.com

 

 

唐突だけど

オープニングのナオちゃん可愛いなぁ。。

f:id:to-ghost:20191009194641j:plain

なんて言ってるんだろう。

口の動き的に「ラスト!」って言ってそうですね。

やはりかわいいマネージャーの存在って大切ですよね!!

厳密にいうとナオちゃんはただのマネさんではないですけど。。。

本当に女子の存在っていうのは

部員の士気にだいぶ関わりますよね

誰かマネさんのいない部活といる部活の

パフォーマンスの実験結果の論文でも出してくれないかな。

うちの職場でももう少し女の子いてくれたらなぁ・・・

僕は年上の女性が好きですけど

あひるの空では断然にナオちゃん派です!

早くナオちゃんがアニメ 本編でも登場するのが待ち遠しいです!

と脱線してしまいましたが

今週の

あひるの空 第2話「才能のない少年達」感想スタートです!!

 

 

第2話「才能のない少年達」

あらすじ

空と百春たちの男子バスケ部入部をかけたバスケでの勝負が始まった。男子バスケ部の百春、安原(ヤス)、茶木(チャッキー)、鍋島(ナベ)に加え、千秋の代理として女子バスケ部の円を加えた5対1。圧倒的不利な状況にもかかわらず、空はバスケスキルを見せ、シュートへ。しかしヤスの暴力による妨害で理不尽に勝敗が決しようとしたところ、百春から「十本勝負」の提案。まともな勝負も望めず絶体絶命の空だったが、彼には武器があった。

 

ahirunosora.jp

 

感想

百春達との1対5の対決の続き 

まずは先週の続きからで

1対5の対決から始まりましたね、

空のダックインでそのままレイアップで

ゴールかと思いきや

ヤスの蹴りが空に炸裂・・・・(めちゃくちゃ痛い)

「あれーキックはダメなの?」

ヤスはもともと空手をやっていたので

喧嘩も百春達の中ではかなり強い部類です。

ちなみに物語当初は問題を起こした後で

保護観察の最中でした。

そして勝負は10本勝負に変更になります。

 

空の鋭いドライブを見たマドカも本気になり

4人に中を中を固めるように警戒します。

小さい選手にとってドライブ(ドリブル)は

です。

スラムダンクの人気キャラである

宮城リョータ

こう発言しています。

f:id:to-ghost:20191009200924j:plain

「ドリブルこそチビの生きる道」

であると。

なすすべのない空。

そこで現在は入院中は

母の言葉を思い出します。

「背が低いことがハンデなんじゃないのよ?

 背が低いのを"弱い"と思うことがハンデになるの」

いや熱すぎる!!

あひるの空の中でも名言ランキングのベスト10に

入るのではないかと思うくらいの熱い名言です。

バスケに限らずなんでもそうですよね。

自分がマイナスに思っていることが

そのまま弱みになってしまうわけで

自分の気持ちの持ちようで活路を開いていこうとする意識が

大切である実感します。

 

空の翼のお披露目

そして回想が終わり遂に空の翼が登場します。

また得意のダックインで切り込もうとする空に

深く守るマドカ達。

そこで3ポイント一閃です!!

これが小さい空でも

リングまで飛べる翼なのです。

150センチのスリーポイントシューター

これが空のスタイルでした。

 

場面は変わり千秋と合流する百春達

まぐれのシュート1本くらい気にすることないと言う千秋に

「マグレでも9回続けばキセキだな」と返す百春。

なんと空は9本連続でスリーポイントを決めたのです。

そして空は勝負に勝ち、晴れてバスケ部の一員となるのでした。

別れ際に百春とバスケしようと約束する空で

Aパートは終わりました。

 

バスケ部員としてスタート!

晴れてバスケ部の一員となり

今日から思い切り練習ができる!!

と意気込む空。

放課後部室に行きますが

部室に行っても麻雀に興じるヤス達。

部室の掃除をが終わったら練習を許可されます。

 

ブラジャー救出


掃除が終わり千秋が部室に来ます。

そこで隣の女子部室から見えるブラを回収する

ミッションがスタートします....!!

ですが千秋が持ってきた棒ではブラジャーに届かないという空。

ここでも空のシュートセンスを支える

深視力が光ります。

深視力はモノとの距離を測るのに優れた力のことで

良いシューターはこのセンスがずば抜けているのだそう。

ちなみにUFOキャッチャーが上手い人もこのスキルがすごいそう。

 

丸高生との喧嘩

コンビニでたむろする百春千秋達に

近所のヤンキー高の丸高生に絡まれます。

そしてちゃんとボコボコにする百春達。w

ちなみにこの丸高生は後の話にも登場するので

覚えておいてください!

そして験直しに部室で麻雀でもしようと

百春達は部室に行きます。

「昔は暗くなるまで練習してたなぁ」と

シュート練100本を毎日していたことを

思い出す百春。

 

そしてある光景を目にするのでした。

 

1000本シュート

 

戻った百春が目にしたのは

1000本以上のシュート練習を行う空でした。

一緒にいたマドカも

「あの子には身長っていう才能がないからよ。身長を補うには1000本でも足りないのかもね」と返します。

自分がバスケをやめグレた中学時代を回想する百春。

「あの子、待ってるのよあなたのこと。百春くんは約束を破らない。必ずバスケ一緒にやってくれる」って。

と百春にいうマドカで第2話は終了しました。

 

 

第2話 原作との違い

1対5の勝負で空がボコボコにされていない

原作では空は1対5の対決で百春とマドカ以外の3人(ヤス、チャッキー、なべさん)

に袋だたきにされました。

あのボコボコにされた状態で

百春達に

「一緒にバスケやりましょうよ」っていうシーンが熱かったので

このカットは残念でした。

f:id:to-ghost:20191009205905j:plain

 

マドカのお弁当

お昼休みに屋上で円にあった空は

入部祝いにマドカのお弁当をもらいます。

そしてその中身は普通のフルーツの詰め合わせでした。

原作ではマドカは味音痴の設定で

マドカの自炊したものを食べた百春が救急車に緊急搬送されるなんていう

シーンもありましたw

 

ブラジャー救出作戦が女子にバレない

原作では「物事には引き際が大事だ」という空に

棒を持たせてさり後から来た女子にバレましたが
アニメではバレる前に女子部室から

棒を引っ込んでなんとかバレずに済みましたw

 

丸高生のカッターシーン

原作では丸高生との喧嘩の後、

油断した百春に不意打ちで丸高生がカッターで百春の顔を切りつけます。

さすがに地上波のゴールデンタイムでは流血シーンはまずいと判断されたのか

カットされていました。

カッターで切りつけられた百春の顔が

めちゃくちゃ怖いのと

その後、弟を切りつけられらと

キレる千秋のシーンがかっこよかったので少し残念ですw

 

以上が主な原作との違いですね。

 

まとめ

今回の第2話で百春が空とバスケ部に入り直すシーンまで

描かれるかと思いましたがそこまでにはたどり着きませんでした。

原作でいう1巻の第3話の終わりまでです。

 

あひるの空(1)

あひるの空(1)

 

 

カットもありますが

意外とゆっくり進んでいるようなので

今後のコアなシーンが描かれるのかがとても楽しみです。

それでは来週の第3話の感想もまたよかったら

遊びに来てきてください!

 


TVアニメ「あひるの空」第3話「百春の翼」予告

 

それでは!

www.nagasawaonion.com

 

人気ブログランキングへ